疲れ目 栄養

充血を解消する栄養|ブルーベリーに含まれるアントアシニン

アントシアニン

 

目に良い食べ物といえばブルーベリーが有名ですよね。
ブルーベリーの皮にはアントシアニンがたくさん含まれ
ています。このアントシアニンには目に良い効果がある
ので、ブルーベリーが目に良いと言われています。

 

 

アントシアニンは目の血管を強く、血液の流れを良く
します。そのため、目に送られる血液の量をふやし、疲れ
を取る栄養分や酸素をたくさん送ることができます。さらに、
目に溜まった老廃物も排泄でき、目の疲れが和らぎます。

 

 

また、目に入ってきた光を脳に伝えるロドプシンの再合成
をスムーズにします。

 

目に光が入ってくると、網膜の中にあるロドプシンが分解しま
す。このとき脳に信号が送られることで光を見ることができる
ようになります。

 

 

分解したロドプシンはすぐに再合成されますが、目を酷使す
ると分解がどんどん進み再合成が間に合わず、数が減少し
ます。ロドプシンの数が減れば脳への信号が減るので、目に
光が入っても脳が反応せず物が見えにくくなってしまいます。

 

 

アントシアニンはロドプシンに働きかけ再合成を促進させること
ができるので、物が見えにくくなることを防いでくれます。

 

 

マリーゴールド(ルテイン)

 

ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜や
マリーゴールドという花に多く含まれています。ルテインは
目を光のダメージから守る性質を持っています。

 

 

太陽の光に含まれる紫外線、パソコンやテレビ、携帯電話
などから発せられる人工的な光は、目にダメージを与え
白内障の原因になっています。

 

 

白内障とは、目のかすみや視力低下などが起こる病気
です。白内障は老化により発症するのですが、最近は、
パソコンやゲームなどの影響により若い世代でも発症す
るようになりました。

 

ルテインはもともと体内にあるのですが、加齢や紫外線、
人工の光などにより少しずつ減っています。また、体内で
新たに作りだすことが出来ないので、野菜やサプリメント
で常に摂取することが必要になります。

 

 

メグスリノキ

 

メグスリノキとは、名前のとおり目の健康を保つ成分を含ん
でいる木です。戦国時代の頃から、樹皮や葉、小枝を煎じて
飲んだり、洗眼、目薬として使われてきました。

 

明治ごろから少しずつ使われなくなったのですが、研究が進み、
目に良い成分が含まれていることが判明し、また注目をされる
ようになりました。

 

 

βカロテン

 

βカロテンはにんじんやホウレン草に多く含まれています。
βカロテンは、体内に入るとビタミンAに変化します。それも
ビタミンAが不足しているときだけ。

 

ビタミンAは別名目のビタミンといわれ、目の渇きを防い
だり、目の働きを助ける効果があります。もし不足してしま
うと、目が乾きやすい、物が見えずらい、暗い場所での視力
が低下する夜盲症という病気になることがあります。

 

 

しかし、ビタミンAをサプリメントなどで過剰に摂りすぎ
てしまうと頭痛や腹痛、吐き気などを引起してしまうこと
があります。また、妊娠中に過剰に摂取してしまうとおな
かの赤ちゃんに悪影響が出る可能性があります。

 

 

そのため、ビタミンAそのものではなく、不足したときにだけ
ビタミンAに変化し過剰摂取の心配がないβカロテンの形
で摂ることをお勧めします。

 

 

⇒目に良い栄養素をバランスよく配合されたサプリメントはこちら